書くワークショップです。 12/18 水 「出さない手紙を書く」

12月18日水曜日  10:00-12:00

 

出さない手紙を書きます。

ずっと言わずにきたことを、その人のことだけを考えて手紙を書きます。ですが、その手 紙は相手に渡しません。言わずにきたことだから、言わないままでいきましょう。でも その思いには言葉を与えて一度自分の外に出てもらいます。出てもらって、できた心のス ペースに、また新しい何か、新しい思い出などに入ってきてもらいます。 

 

2019年の終わりに、思いの棚卸しのようなこと、しませんか? 

 

ぼんやりとした思いを圧縮して言葉にしてみたら、心に気持ちのよいスペースが生まれます。新しい年のためにそのスペースを用意しておくのはいかがでしょう。 

 

今、私たちの周りには、誰かに見せることを前提とした言葉にあふれています。つぶやきも日記も、自分のためだけ、誰かひとりのためだけにあるものではありません。そんな今だからこそ、誰かに見せない言葉を紡ぎます。心に留めておいた思いには「見せない」と決めた言葉がふさわしいはずです。見せないのだからうんと気取って書いてもいいですね(例えば詩人のように?)。あるいは、丁寧に思いをスケッチするように(言葉の画家のように)。 

 

今回、私は皆さんの言葉の伴走者となります。皆さんの思いが、これまでとは違った手法で言葉として現れるよう補助する人です。うまく正しく書けなくてもいいのです。ワークショップの題を見て「あ、やってみたいかも」と思われたかたなら、どなたでもご参加ください。皆さんの思いが風景のように色鮮やかに広がる時間となることを願いつつ、お待ちしています。 

 

講師 ことばの泉 作文研究室 宇野哲代

ことばの泉 作文研究室 HP

 

WORKSHOP参加費 2000円(お茶付) 定員6名

 

会場 / 予約先

pand 岐阜市吉野町3-17 058-263-3720

info@pand-web.com